以下の授業で扱う内容は、受講生本人と相談の上で館長が全て決定します。

授業内容に関しては館長に一任いただきますよう、お願い申し上げます。

休憩は、各自の課題進捗状況に応じて随時設けます。

全授業共通で、入館費:11,000円を授業開始初月にお請けします。


【小学生授業】

《90分コース》《120分コース》《150分コース》
対象:非受験の4~6年生対象:中学受験予定の4~6年生対象:中学受験予定の4~6年生
曜日:毎週日曜日曜日:毎週日曜日曜日:毎週日曜日
時間:9時~19時から選択時間:9時~19時から選択時間:9時~19時から選択
料金:16,500円(諸経費・税込)/月度料金:22,000円(諸経費・税込)/月度料金:27,500円(諸経費・税込)/月度
*別途、教材費11,000円(1年分)をお請けします。

①非受験の生徒の場合

⇒教科書内容の文章と初見の文章とを並行して扱います。

⇒90分コース、120分コース、150分コースから選択いただけます。

⇒コースによる違いは、取り組める問題の量です。

②中学受験を目指す生徒の場合

初見の文章のみを扱い、教科書内容の指導は行いません。

⇒コースによる違いは、取り組める問題の量です。

⇒120分コース、150分コースから選択いただけます。

【中学生授業】

《120分コース》《150分コース》
対象:中学1~2年生対象:中学1~3年生
曜日:毎週日曜日曜日:毎週日曜日
時間:9時~22時から選択時間:9時~22時から選択
料金:22,000円(諸経費・税込)/月度料金:27,500円(諸経費・税込)/月度
*別途、教材費11,000円(1年分)をお請けします。

⇒教科書内容の文章と初見の文章とを並行して扱います。

⇒120分コース、150分コースから選択いただけます。

⇒コースによる違いは、取り組める問題の量です。

中学3年生は、原則150分コースでの受講をお願い致します。

【高校生授業】

《120分コース》《150分コース》《180分コース》
対象:高校1~2年生対象:高校1~3年生対象:高校1~3年生
曜日:毎週日曜日曜日:毎週日曜日曜日:毎週日曜日
時間:9時~22時から選択時間:9時~22時から選択時間:9時~22時から選択
料金:24,200円(諸経費・税込)/月度料金:29,700円(諸経費・税込)/月度料金:35,200円(諸経費・税込)/月度
*別途、教材費11,000円(1年分)をお請けします。

①現代文のみ、古典のみの指導をご希望の場合

初見の文章のみを扱い教科書内容の指導は行いません。

⇒120分コース、150分コース、180分コースから選択いただけます。

⇒コースによる違いは、取り組める問題の量です。

②現代文と古典の両方の指導をご希望の場合

初見の文章のみを扱い、教科書内容の指導は行いません。

⇒150分コース、180分コースから選択いただけます。

⇒コースによる違いは、取り組める問題の量です。

高校3年生は、原則150分コース以上での受講をお願い致します。

【小論文授業】

《120分コース》《180分コース》
対象:小論文の書き方を学びたい全学年対象:小論文の書き方を学びたい全学年
曜日:毎週日曜日曜日:毎週日曜日
時間:9時~22時で選択時間:9時~22時で選択
料金:33,000円(諸経費・税込)/月度料金:43,000円(諸経費・税込)/月度
*別途、教材費11,000円(1年分)をお請けします。

  • 消費税率が変更された際は料金が変更になります。ご了承ください。
  • 授業料等の支払いは、自動引き落としでお願いしています。
  • 入館時は、必要経費(入館費・教材費等)および初回の授業料(月途中の場合には日割り計算いたします)をいただきます。

【指導内容】

1.音読指導

⇒ 多様な文学作品に「慣れる」ことが最大の目的です。目で見、耳で聞き、口で語る、という具体的な行動を通して、触れたことのある言葉を増やしていきます。

2.問題演習(論理)

⇒ 論の展開、問題への答え方には、はっきりとしたルール【解の原則】があります。それを知った上で、手を動かして「マーキング」をしながら問題を読み、解いていきます。

3.要約指導

⇒ 文章が理解できているかは、要約をしてもらうとすぐに分かります。筆者の言いたいことを取り出す「抽出」と、それを分かりやすく一般的な表現へと変える「再構成」。この2つの力を鍛えてくれるのが要約訓練です。どれだけ分かったつもりでも、それを言葉で表現できなければ、理解できていることを言葉で伝える「試験」では意味がありません。

4.語彙力増強

⇒ 知らない言葉が文章に出てくる。知らないのだから理解できるわけがありません。知らない言葉が多ければ多いほど、文章にどんどんモザイクがかかっていきます。国語で出てくる言葉の多くは、普段の生活で使う言葉とズレがありますから、具体的に対策していく他ありません。現古館にはそのノウハウがあります。

5.小論文指導

⇒ 小論文を書くとはどういうことか、合格水準に届く小論文とは何かをまずは知りましょう。その上で、合格水準に届けるための方法論に従って、演習⇒添削⇒再構成を繰り返します。初めは全文に訂正が入るのは当たり前です。館長との対話を通して、出題されたテーマについてのものの見方・考え方、言葉への敏感さを養いましょう。