高校古文:枕詞の確認問題①

広島国語屋本舗 現古館・館長の小林です。

今回は、実際の入試問題を用いた枕詞の確認問題を配信いたします。

確認問題

1、和歌中の「あづさ弓」は、「そる」などのことばを導くための修辞的なことばである。このようなことばを、一般に何と呼ぶか、漢字で記しなさい。(千葉大学)

あづさ弓 そるをうらみと 思ふなよ まことの道に 入るぞうれしき


2、「   」部の修辞法として最も適当なものを一つ選べ。(法政大学)

むかし都の町の車の音「玉鉾の」道筋をせばめて、

1、懸詞

2、枕詞

3、縁語

4、序詞

5、連辞


3、「あらたまの」は、何という修辞として用いられているか。最も適切なものを次の1~5の中から一つ選べ。(明治大学)

「あらたまの」年を重ぬれば、

1、縁語

2、序詞

3、枕詞

4、掛詞

5、歌枕


4、文中の「   」に入る最も適当な語を、次の中から選べ。(早稲田大学)

「   」光のどかにてらす御神の御事とかや

イ、あしひきの

ロ、たらちねの

ハ、ぬばたまの

ニ、ひさかたの


5、「『ひさかたの』という枕詞」とあるが、それ以外の枕詞を、文中から抜き出しなさい。(愛媛大学)

影見れば 波の底なる ひさかたの 空漕ぎわたる われぞわびしき

「ひさかたの」という枕詞が、時間的・空間的な広がりを暗示するのに効果をあげている。

篝り火の 影し映れば うばたまの 夜川の底は 水も燃えけり

解答

1、枕詞

「枕詞の確認問題」と銘打っておきながら、「枕詞」でなければひっくり返ってしまいますね…。


2、2

「玉鉾の」が「道、里」を導いています。


3、3

「あらたまの」が「年、月、日、春」を導いています。


4、ニ

「光」があることから、「ひさかたの」を導きます。


5、うば玉の

問題文にわざわざ「枕詞」と書いてくれていますから、そのヒントを前提に探します。

枕詞は初句と第三句にのみ現れますから、そこだけ見れば発見できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です