高校古文:和歌の構造

広島国語屋本舗 現古館・館長の小林です。

こちらでは、「和歌の構造」の知識についてまとめていきます。

ポイントと確認問題で構成していますので、ぜひ挑戦してみてください。

和歌の構造

①五・七・五・七・七 → 三十一(みそひと)文字(もじ)で構成される

〈初句 第二句 第三句〉= (かみ)の句 = (かみ)(もと)

〈第四句 結句〉= (しも)の句 = (しも)(すえ)

*第三句は、和歌の中心・要に位置するため「腰の句(腰)」と呼ぶ


②句切れ(意味の分かれ目)は、以下の場合に起こる

  • 終止形・命令形
  • 係り結びの結びの語
  • 終助詞・間投助詞

③短歌(三十一音)と長歌(五七を繰り返し、最後を七七で終える)の区別がある

なお、長歌には「反歌」が伴うことが多く、以下の効果をもたらす

・要約:まとめる

・補足:付け加える

・展開:広げる

確認問題

1、「本」「末」とはどういう意味か。(上智大学)

また本はいとめでたくて、末悪しきもあり。

a 上の句と下の句

b 本体と末節

c 万葉集と古今集

d 本源と末葉


2、和歌二首に共通する修辞技巧を選べ。(東洋大学)

・恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか

・つつめども 色は出でにけり 我が恋は  ものや思ふと 人の問ふまで

1、枕詞

2、掛詞

3、縁語

4、序詞

5、句切れ

6、折句

7、体言止め

8、本歌取り

解答・解説

1. a

2. 5

句切れのことを「修辞技巧」だと思っていない人は、意外と多いかもしれません。

選択肢も多いし、和歌2首の解釈は面倒だし、知ってる技巧をなんとなく選んでしまった…なんて人もいるでしょう。

句切れも修辞技法、覚えておいてください。

さて、和歌の分析に入っていきます。

「てふ」は「といふ」の音が詰まったもので、「ちょう」と発音します。

「まだき」は「早くも」という意味の副詞で、「こそ~しか(過去・已)」が係り結びになっていますね。

「けり」が詠嘆の助動詞・終止形ですから、三句切れということになります。

恋しているという私の噂が早くも立ってしまったことだよ。誰にも知られぬように思いはじめたのに。


2つ目の和歌は、詠嘆の助動詞・終止形「けり」から二句切れだと判断しましょう。

また、《と・など・とて》の上には、会話文や心の中で思ったことが隠れていることが多いので、「」を補ってあげるとわかりやすくなります。

ここでは、「ものや思ふ」が、人に問われた内容になりますね。

「や~思ふ(ハ四・体)」が係り結び。

係助詞「や・か」は〈疑問・反語〉の意味を持ちますが、ここでは「問ふ」とあるので、〈疑問〉を採用します。

私の恋心は、包み隠していたけれど、顔色に出てしまっていたのだなぁ。「恋をしているのでしょう?」と人に問われるほどまでに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です