国語の問題の解き直しについて

広島国語屋本舗 現古館・館長の小林です。

国語の学習をしていく中で、様々な文章を読み、問いに答えていくわけですが、「解きっぱなし」で終わっている人が非常に多いです。

今日は、国語の問題の解き直しの効果についてお話していこうと思います。

解き直しの効果

国語の問題を「解きっぱなし」にしてしまう最大の理由は、「同じ文章が入試などに出題されることがない」というものでしょう。

しかし、解き直しとは、そのようなまぐれ当たりを期待した消極的な行為ではありません。

国語の問題を解きなおすことの効果は大きく分けて2つあります。

1,文章の構造を意識した読みの練習になる

2,解法を言語化しながらの確認作業が行える

まず、1についてです。

当たり前のことですが、私たちは初見の文章を読む場合、頭から最後まで一文ずつ文章を読み進めていきます。

初めて読む内容であれば、「次にこんな内容がくるのかな」などと予測をしながら読み進めていくわけですが、その予測は当たっていたり外れていたります。

どうしても場当たり的な、部分的な読みに終始してしまいがちなのです。

その上、時間制限があるわけですからね。

文章のどの部分とどの部分がつながっているのか、どの部分とどの部分が比べる関係になっているのかなど、文章の構造まで意識した読みを行うには、一度の読みでは到底足りません。

解き直しを行うからこそ、一度目に至らなかった細部までの検討が行えるようになるのです。

一度でその構造を捉えられる生徒には、国語の学習はほとんど必要ないことでしょう。


次に、2についてですが、これも1の効果とほとんど同じです。

1度目に解いた時には捉えきれていなかったもの、問題文に仕込まれているヒントや解答の作り方などを、言語化しながら確認することができます。

解説を読んで、聞いて。

完璧な解答を見せられたところで、それを自分でできるようにならなくては、実力はいつまでたってもついてきません。

まずは、真似るところから始めるのですね。

「あ、ここはこういう風に考えればいいんだ!」「そういえばここにヒントがあったな!」などと、学んだことを真似ながら、解き直しをします。

すると、同系統の問題の解答方針が体得されていき、試験本番での再現性が高まります。

同系統の問題

同系統の問題、と言いました。

これは「似た文章」などを指すわけではありませんから、少し補足をしておきます。

同系統の問題とは、問われた内容へのアプローチが同じ問題のことを指します。

分かりやすく例を挙げてみましょう。

たとえば、以下のような問題があるとしましょう。

「ただ肯定する以外には何等の感傷もない木像なのである。」とあるが、それはどういうことか。説明せよ。

坂口安吾「茶番に寄せて」:早大2010

この問題へのアプローチを簡単にまとめてみます。

1,「どういうこと」問題は、同義換言問題であるから、傍線部を分節し、言い換える

2,傍線内の主語が不明瞭であるため、補って説明する

3,「木像」とは比喩表現であるため、その比喩に含まれた主張を説明する

もうお判りでしょうか。

上にまとめたアプローチは、何もこの問題だけにあてはまるものではありませんよね。

「どういうこと」問題にはどのように取り掛かるべきか、傍線内に主語がない場合はどうすべきか、傍線内に比喩が含まれている場合はどうすべきか。

そういった普遍的な解法が並んでいるはずです。

同系統の問題、解けるようになるとは思われませんか?

さぁ、解き直しだ!

結局のところ、解き直しは「読み」と「解き」についての考え方を体得するための訓練だと言えます。

学んだことを自分で使ってみる。

この段階を突破せずして、試験本番に不思議とできるようになっている、なんてことはありません。

解いた問題は決してそのままにせずに、頭の中で、自分で解説をしながら解き直してみましょう。

脳内に小さな私が出てきて授業を始めるようになったら、何も怖いものはなくなりますよ。(強いて言えば、その脳内環境が怖いだけですね。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

適切な負荷