国語屋本舗の本棚、一部見せます

広島国語屋本舗 現古館・館長の小林です。

本日は、職場にある私の本棚の一部をお見せしようと思います。

職場に置き切れないものは自宅へ避難させていますので、ほんの氷山の一角です。

世の中には優れた参考書が山のようにありますから、それらを追い続けていくとキリがありませんが、生徒に学習参考書を薦める機会がある以上、必要なことなんですね。

どの段階の生徒に、どのレベルの参考書・問題集か。

判断できないプロはいないはずですし、それができない講師は必要がありません。

そうです。

決して、手抜き記事などではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です