高校現代文:表現効果概論 ②様々な比喩

広島国語屋本舗 現古館・館長の小林です。

前回は、象徴と比喩の違いについて説明しました。

ただ、一口に比喩と言っても多くの種類があります。

しっかりと勉強して暗記している人は少なく、直喩・隠喩・擬人法くらいしか知らない人がほとんどかもしれませんが、実際の入試で選択肢に出てきたり、書かされたりした事例は数え切れません。

得点は小さくても、明確に差がつく知識です。

この機会に頭に叩き込んでおいてください。

直喩(明喩・シミリ) / 隠喩(暗喩・メタファー)

まず、直喩と隠喩についてです。

比喩の基本は、

①共通の性質に基づいて

②2つの物事を結びつける

というものですが、その結び付け方に様々な方法があるわけです。


直喩:「まるで」「ようだ」「ごとし」といった語を用いる

(例)僕の足の遅さは、まるで亀のようだ。


⇒この場合、〈動きの遅さ〉という共通の性質に基づいて、〈僕の足の遅さ〉と〈亀〉を結びつけていますね。


隠喩:上記の語を用いない

(例)彼は歩く辞書だ。


⇒この場合、〈保有する情報量の多さ〉という共通の性質に基づいて、〈彼〉と〈辞書〉を結びつけています。

ただし、直喩と違って「まるで」「ようだ」といった語を用いていないため、直接的な表現になっています。

隠喩なのに、「直」接的。

紛らわしいですね。

換喩(メトミニー) / 提喩(シネクドキ)

換喩と提喩の区別は、比喩の判別のなかでもかなり難しいです。

ただ、そこまで難度が高い内容は問われることはありませんし、換喩と提喩の区別が解答根拠になる問題は稀ですから、学問的な正しさは横に置いておいて、緩やかに理解しておきましょう。

大前提として、提喩は換喩から派生したものです。

用法がかぶるじゃん!と思う人もいるでしょうが、当たり前といえば当たり前なんですよ。

では、定義をおさえていきましょう。


換喩:連想される内容への言い換えが起こっている〈全体・部分〉〈作者・作品〉〈容器・内容物〉など

(例)あたりを学ランがうろついている。

(例)国語の時間に太宰を読んだ。

(例)やかんを沸かす。


1つ目の例は、部分から全体を連想させる例です。

学ラン〈部分〉はうろつくことはありませんから、学ランから連想される男子学生〈全体〉を連想させるわけですね。

2つ目の例は、作者から作品を連想させる例です。

太宰〈作者〉を読むことなんてできませんが、太宰の著作〈作品〉を読んだのだと連想させていますね。

3つ目の例は、容器から内容物を連想させる例です。

やかん〈容器〉は沸きませんが、やかんの中の水〈内容物〉は沸かすことができます。


提喩には2パターンありますので、セットで押さえておいてください。

提喩:全体⇒部分 / 部分⇒全体の言い換えが起こっている

(例)今日は天気だ。〈全体⇒部分〉

(例)ヤンおばさんは、豆腐屋小町だ。〈部分⇒全体〉


1つ目の例は、全体を部分に言い換えている例です。

天気〈全体〉には様々な種類がありますが、ここではその中でも良い天気、つまり晴れ〈部分〉を示しています。

2つ目の例は、部分を全体に言い換えている例です。

懐かしのヤンおばさんを、小町〈部分〉と表現していますが、美人〈全体〉だと言いたいのですよね。

換喩と提喩の違いですが、

換喩は対象との連想だけで表せる、提喩は全体ー部分の関係が必須

だと考えてください。

換喩の方が、表せる幅が広いのです。

諷喩(アレゴリー)

諷喩(ふうゆ)は、寓意・寓話・類比などと関わりのある語で、これも明確に定義しようと思うと難しいのですが、端的にまとめておきます。


諷喩:隠喩の繰り返しで真意を伝える

(例)2人の関係はアリとキリギリスだ。


2人の関係を〈アリ〉と〈キリギリス〉という隠喩の繰り返しでたとえています。

アリは「働き者」、キリギリスは「刹那的な快楽に溺れる者」を示す隠喩ですよね。

その繰り返しによって、2人のうちの一方を「働き者」、もう一方を「刹那的な快楽に溺れる者」だとし、「キリギリス」がいずれ痛い目に遭うであろうことを伝えているのです。

音喩(オノマトペ)

音喩は、擬音語(擬声語)と擬態語に分けることができます。

区別は簡単です。


擬音語(擬声語):「音」を言語音で表す

擬態語:「様態」を言語音で表す

(例)雨がざあざあ降る。〈擬音語(擬声語)〉

(例)父がのそのそ起きてくる。〈擬態語〉


1つ目の例の「ざあざあ」は、雨の「音」を表しているので擬音語です。

2つ目の例の「のそのそ」は、父が起きてくる「様態」を表しているので擬態語です。

擬人法

小学生のころから繰り返し学習する内容なので、なじみ深いことでしょう。


擬人法:人でないものを人にたとえる

(例)風がささやく。


風はささやきませんから、もしささやいたとしたら幻聴です。

風のそよぐ音を、人のささやきに例えているのですね。

チャレンジ問題

問1:【花=桜のレトリック】について、「花見」における「花」と同じ用法(より一般的な意味(類)を表す言葉を用いて、より特殊な意味(種)を表す用法)のものには○で、異なる用法のものには×で答えなさい。〈神戸女学院・改題〉

a 人はパンのみにて生きるにあらず。

b みんなで鍋を食べよう。

c 明日天気になるといいね。

d 父は仕事の鬼だ。


問2:次の中から擬声語が用いられているものを選びなさい。(東海大)

①傷がヒリヒリと痛んだ。

②昨夜はぐっすり眠れた。

③寝ていてドスンと床に落ちた。

④昼間もウトウトした。

⑤布団はふかふかだった。


問3:以下の文に用いられている表現技法として最も適当なものを選べ。(帝塚山学院大)

ファッションは、自由と規制のたわむれである。

問1: a × b × c ○ d ×

aは〈部分⇒全体〉の提喩

bは換喩

cは〈全体⇒部分〉の提喩

dは隠喩

問2:③

他は全て擬態語

問3:擬人法

人でない〈自由と規制〉を、人の行動〈たわむれ〉に例えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です