手で読む主義宣言

広島国語屋本舗 現古館・館長の小林です。

国語の指導力は、テキストの汚れ方に表れる。

これが私の持論です。

汚すといっても、

「泥だらけの手でベタベタ触りましょう!」とか、

「机の奥で漬物のごとく熟成させてシワシワにしましょう!」とか、

そういうトンデモ理論を提唱しているわけではありません。

筆者の主張にマーキングをし、いつでも取り出せるようにしておきましょうということです。

では、なぜ「筆者の主張にマーキングを」する必要があるのでしょうか?

「なぜ?」も分からず引く線は落書きでしかありませんから、そこも理解したうえで線を引いていく必要があります。

答え合わせは、また次回の「国語について」の記事で致しましょう。

さて、世の中には不思議な国語の授業がたくさん溢れています。

私が一年目に講師をしていた全国展開の個別指導塾。

大学生が〇と×だけをつけて授業終了でした。

私が学生時代に一時期通っていた広島の大手塾。

答えの作り方は伝えるけれど、

「なぜそのポイントを使って答えを作るのか」

「どうすればそのポイントを見つけることができるのか」については触れられないままでした。

私の指導では本文、問題文がマーキングだらけになります。

メモでテキストの余白が無くなります。(ノートもとりますよ笑)

文章って、《解の原則》に従って解いていたら汚れるものなんですよ。

洗剤のCMじゃあないんですから、「ビックリするほど白い!!」テキストは、指導力がありませんという宣言です。

私は、その逆。

「手で読む主義」をここに宣言します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です