現古館に込めた想い

広島国語屋本舗 現古館・館長の小林です。

2021年度3月より、広島市内中心部で国語専門塾を開業します。

初めて書くこのブログでは、私が現古館という塾をスタートさせるにあたっての想いを文字に残しておこうと思います。

現古館は、国語の成績を上げるための塾です。

難関校を目指しているけど、国語の実力が足らない人。

国語に苦手意識は無いけど、得点の不安定さに悩んでいる人。

国語が苦手で、どこから手を出していいのかも分からない人。

そんな人たちに、私の伝える「解の原則」を体得してもらい、国語を志望校合格への原動力にしてもらいたいと思っています。

塾の名前をつけるとき、心底悩みました(笑)

ネーミングセンスとでもいうんでしょうか、それが欠けているんですね。

さんざん悩んだ挙句、『現古館』。

扱う教科が「現代文」「古文」「漢文」だから、『現古館』。

単なる語呂合わせですが、やることがはっきりしていて気に入っています。

現古館は志望校合格のための方法論、志望校入学後に戦っていけるだけの武器を渡します。

国語の成績を上げるための武器である「解の原則」を、私は10年間の講師生活の中で形づくってきました。

勿論、学んでもらいたいことは山ほどありますし、語学の学習は「ゆっくり急ぐ」のが王道です。

しかし、まずはとにかく得点を取る、成績を上げる、偏差値を上げる。

そのための学習、演習を積み重ねる。

ここは一切ぶらしません。

ただ1つだけ。

ここだけは勘違いしないでいただきたいんですがね。

私たちが普段読んでいる文章には、一本たりとも傍線は引かれていません。

一問たりとも問題なんて作られていません。

問題を解くことに注力するあまり、肝心の文章そのものを楽しめなくなったとしたら。

それはとても不幸なことだと私は思います。

問題はあくまでルールにのっとって客観的に読解してもらいますけどね、肝心の文章そのものは。

楽しめ!!

知的好奇心が刺激され、文章から得る学びが「楽しい」と感じられるようになった時。

ホンモノになっていると確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です